オール・ユー・ニード・イズ・キル

トム・クルーズ主演の日本のラノベを原作とするSF映画。

地球を侵略しつつあったエイリアンに立ち向かうための部隊に参加することになってしまったケイジ(トム・クルーズ)は戦闘中に命を落とすが、その直後に戦闘開始前の状態で目覚める。時間がループしていることに気づいたケイジは死亡を繰り返しながらも次第に成長し、エイリアンとの戦いを進めていく。

原題
Edge of Tomorrow
ジャンル
SF,アクション
監督
ダグ・リーマン
主演
トム・クルーズ
出演
トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、
ブレンダン・グリーソン
Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/オール・ユー・ニード・イズ・キル
動画
画像をクリックすると動画が再生できます。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」13分特別映像

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ダグ・リーマン、小島秀夫対談 映画とゲームの世界は融合する!

宇多丸が映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を語る

ラノベは未読なので原作との違いは分からないが、映画は十分に楽しめた。

ケイジは偶然にタイムループする体を手に入れてしまい、死ぬと最初に戻されてしまうので問題を解決するしかない状態に置かれている。簡単にいうとセーブポイントのないアクションゲームの主人公のようなものであり、繰り返し死亡しながらも少しずつ次に起こる事態を記憶し、対応していく。

序盤の描かれ方だとそれほどループせずにどんどん進   すべて表示

yamatake  
yamatake
2014-12-29 19:08:01.0
ユーザー