石橋湛山評論集

明治四四年から敗戦直後まで,『東洋経済新報』において健筆を揮った石橋湛山(一八八四―一九七三)の評論は,普選問題,ロシア革命,三・一運動,満州事変等についての論評どれをとっても,日本にほとんど比類のない自由主義の論調に貫かれており,非武装・非侵略という日本国憲法の精神を先取していた稀有なもの.三九篇を精選.

名称
石橋湛山評論集
判型・造本・装丁
文庫判
ISBN
4-00-331681-9
価格
840円+税
発売日
1984年8月16日
出版社
岩波書店
編集者
松尾 尊兌
出版社コード
青168-1
公式サイト
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/9/3316810.html
画像
感想が登録されていません。

あなたの感想を記録しましょう。

感想を書く
ユーザー
関連タグ