プロレス狂想曲

フランスのバンド・デシネ作家、ニコラ・ド・クレシーがウルトラジャンプに連載した日本向けの描き下ろし作品。

<公式サイトより>
強さと美しさを競うプロレスは誰もが憧れる華の世界。しかし、その世界を牛耳っているのは誰もが恐れるマフィアだった! マフィア一族のおちこぼれマリオは、両親の残してくれたピアノ店を継ぎ、華々しい世界とは無縁の生活を送っていた。唯一の友達はピアノ弾きのペンギンだけだが、彼はそんな生活も気に入っていた。そんなある日、マフィアのボスでマリオの甥っ子であるエンゾから呼び出しがかかる。「手紙をある女性に渡して欲しい」そのミッションはとても簡単なものと、マリオは浮かれて街を出て行くが待っていたのは見たこともない、恐怖と不思議の世界!

タイトル
プロレス狂想曲
著者
ニコラ・ド・クレシー
翻訳
原正人
ISBN
978-4-08-890149-7
ページ数
224
判型
A5判
価格
1,000円(本体)+税
発売日
2015年4月17日
出版社
集英社
公式サイト
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-890149-7

非力なマリオが幽霊たちと共にマフィアに立ち向かう物語。多くの漫画家が賞賛する絵は細い線を使いながら一コマ一コマ丁寧に描かれている。完結となっているが、普段漫画を読んでいる感覚からすると「これで終わり?」という印象。クライマックスへ向かう「起承転結」の「結」の多くの部分を書かずに読者の想像に任せているのでやや拍子抜けの感があった。

yamatake  
yamatake
2015-04-23 08:12:48.0
ユーザー