糸井重里という人物に強い関心を持ったことはこれまでなかったけれど、
なんとなく手にとってみたこの本には心に届く言葉が沢山詰まっていた。
時間のあるときに少しずつじっくりと読み進めたい本。

yamatake  
yamatake
2017-06-28 01:59:19.0
関連タグ