聖なる怠け者の冒険

「何もしない、動かない」ことをモットーとする社会人2年目の小和田君。ある朝目覚めると小学校の校庭に縛られていて、隣には狸の仮面をかぶった「ぽんぽこ仮面」なる怪人がいる。しかも、そのぽんぽこ仮面から「跡を継げ」と言われるのだが……ここから小和田君の果てしなく長く、奇想天外な一日がはじまる。朝日新聞夕刊連載を全面改稿、森見登美彦作家生活10年目にして、3年ぶりの長篇小説。(Amazon.co.jp:内容紹介より)

製造者
朝日新聞出版
出版社
朝日新聞出版
著者
森見登美彦
ページ数
129
感想が登録されていません。

あなたの感想を記録しましょう。

感想を書く