太陽の塔

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった! クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

製造者
新潮社
ISBN
4101290512
EAN
9784101290515
著者
森見 登美彦
ページ数
237
画像
感想が登録されていません。

あなたの感想を記録しましょう。

感想を書く
ユーザー