コロロギ岳から木星トロヤへ

『天冥の標』を展開中の著者が21世紀と23世紀を“つないで”描く、
異色の時間SF長篇

西暦2231年、木星前方トロヤ群の小惑星アキレス。
戦争に敗れたトロヤ人たちは、ヴェスタ人の支配下で屈辱的な生活を送っていた。
そんなある日、終戦広場に放置された宇宙戦艦に忍び込んだ少年リュセージと
ワランキは信じられないものを目にする。
いっぽう2014年、北アルプス・コロロギ岳の山頂観測所。
太陽観測に従事する天文学者、岳樺百葉(だけかんばももは)のもとを
訪れたのは……。
21世紀と23世紀を“つないで"描く異色の時間SF長編。

名称
コロロギ岳から木星トロヤへ
ジャンル
SF
著者
小川一水
ページ数
242
ISBN
978-4-15-031104-9
価格
600円+税
出版社
株式会社早川書房
タイトル
コロロギ岳から木星トロヤへ
ID
JA1104
製造者
早川書房
EAN
9784150311049
公式サイト
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/21104.html
画像

登場人物は少ないが話のスケールは大きかった。わかる人にだけわかるやり取りは分からない人にとってはどうなんだろうな。

yamatake  
yamatake
2014-01-03 17:25:14.0
ユーザー